totoさん(男性)の体験談

今回の大雪で感じた事は、56豪雪の時と色々と違うということでした。

まず、あれだけ事前に大雪の情報と警報が発令していたにも関わらず何の準備もしなかった、もしくは準備が足りなかった人達が大勢いた事!

我が家は灯油のポリタンク(18L)4缶と食料(カップ麺、レトルト食品、冷凍食品、乾麺等)を1週間分ほど2月4日には購入しておきました。過去に敦賀で8号線が通行出来なくなった時がありますよね、その時も物流止まりました。その時の経験で1週間分の用意をしました。

結果、ギリギリ食料は持ちました。灯油まだ余ってます。

しかし、準備をしていなかった人は慌てて購入に走る。この行動が全ての悪循環の始まりです。

車で移動することにより、スタックする、ガソリンの消費、除雪の邪魔、スタック救出する人間の体力を奪う。

車1台出すだけでこれだけの迷惑をかけるということを理解していない。

重機のオペレーターがお亡くなりになったのも、直前にスタック車救出していたとありました。疲労のピークと睡眠不足でとどめに体力奪われて…。

お亡くなりになったオペレーターの方やそのご家族にお悔やみ申し上げます。

それだけ自分勝手な人が増えたのでしょう。昔と違い地元の土建屋さんも廃業され重機の数が足りません。

それでも遅い、除雪はまだか!の声は多く上がりました。

車のスタックで前に進めない重機、車が邪魔で除雪出来ない。

知事や市長の呼び掛けも守られませんでした。不要不急の外出は控えるように。これには車を使うな!という意味も入っていたのですが、とにかく車、車で歩くという意識が無い。

公共交通機関が全て運休でしたが、だから車を使うという選択肢はおかしい。結果スタックして迷惑をかけることになるのは分からないのかな?

56豪雪の時は今の車の台数の半分、重機は倍、空き地は豊富と現在とは異なりますが、人も変わりました。

地域や隣近所で協力して除雪をする。

こんな事はごく一部。

みんな自分さえ良ければよいという考え。それでは除雪にも時間かかります。

これだけは言わせて!

文句言うならやることやってから言えや!せめて自宅前の道路を雪かきしろ、スタック車減るわ!

何十台助けたと思ってるんや?

中にはありがとうすら言わないやつもいる。

スタック対策としては、タイヤの下にひくプラスチックの格子状の物が売っていたと思います。

基本はスコップと人力でなんとかなりますよ。

現在は車道は大丈夫ですが、歩道には雪山です。1人で歩道空けてましたが、積み上がった雪山(2m)には勝てませんでした。雪かきはかなりハードなんですよ!

まぁ大雪の時は車に乗らない。

長期の場合はバッテリーを外す。

食料や灯油の備蓄。

車に乗る場合はスコップと角材などタイヤの下にひく物を積んでおく。

ひし形ジャッキも出しやすくしておく。

15年~30年周期で大雪になるのにこれだから…